コンパクトシティ・板橋区

都市間交流事業の一員として
今年度は東京・板橋区へ。


移動手段は、電車。
はくたかで越後湯沢まで二時間半。
新幹線で大宮まで一時間弱。

さいたま市の隣区。


先ずは加賀公園へ。
前田藩の下屋敷があり、石川県に
ゆかりのある地名も多い。
金沢小学校、なんてのもある。


尾山神社のステンドグラス
d0224360_17144780.jpg



跡地としての説明ボード
d0224360_17144842.jpg




東京家政大学へ。

小学校を除く、幼稚園から大学院までの学園。
学び舎には、何と約6,000名が通う。


学園内の一画で
加賀野菜を栽培。

d0224360_17144937.jpg




企業活性化の支援について
板橋区企業活性センターへ。
d0224360_17145044.jpg



民間企業の相談が主に。
再生や精算、様々なニーズの相談に応じる。

経営者は、銀行融資などの知恵や工夫
立て直すやり方をよく分かっていない、との事。

施設長も、自ら過去に倒産経験有。
『あの時ああすれば、こうしていれば』
の経験が、今多くの企業を救ってきた。


板橋モデルを参考に金沢市でも活用出来るものはないか。
[PR]
by takamakoto | 2013-11-08 17:34